敬老の日のギフトで失敗しないために

category01

敬老の日は国民の祝日に関する法律で「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日とされています。
しかし価値観が多様化した現在、敬老の日はギフト選びよりもいつから祝うのかがより難しそうです。

様々な分野の敬老の日の情報が豊富です。

60歳以上の男女300人を対象とした調査によると、自分を高齢者だと感じている割合が60〜64歳では19%、65〜69歳では28%にとどまっています。



お年寄り自身が自分を高齢者だと意識するのは70歳以上で66%です。関係性にもよりますが、両親に敬老の日のギフトを贈る場合は60歳以上だといわれています。

しかし調査結果から見る限り、敬老の日として祝われると違和感を感じる人もかなりいそうです。
同居しているならお土産として両親の好きな食べ物を買ってきたり、別居の場合は手土産として好物持参で顔を見に行くのもよいかもしれません。

会いに行けないときは、電話で話すだけでも喜んでもらえるのではないでしょうか。孫が祝う場合には相手の年齢を気にする必要はありません。

孫にとって「おじいちゃん、おばあちゃん」は一般的な呼称ではなく、実際の祖父母だからです。


先程の調査では、34歳で祝ってもらったというケースもあります。おそらく、小さなお孫さんから絵などをプレゼントされたのでしょう。


孫からの贈り物はどんなものでも嬉しいものなので、相手の年齢が若くても失礼には当たりません。相手の年齢と合わせて気をつけたいのが花を贈る場合です。

菊や白い花はお供えを連想させることがあるので、なるべく華やかな色合いのものを贈りましょう。



敬老の日のみんなの常識

category02

敬老の日に贈るものは、他の人とは被らないようにしたいと考える人は多いです。贈られる日は同じものでも良いと言ってくれるかもしれませんが、若い人のように物の消費も多くないことがほとんどなので、出来れば違うものにしてあげたほうが良いです。...

subpage

敬老の日の常識

category02

敬老の日にはギフトを贈る人が多いですが、いざ贈るとなれば何を選んだら良いかわからず悩む人も多いのではないでしょうか。定番のアイテムとなるのは花やお菓子、健康グッズやマッサージ機器であり、喜んでもらえる傾向にあります。...

subpage

敬老の日の最新情報

category03

敬老の日は、日本の国民の休日の1つです。長年社会に尽くしてきた高齢者を敬愛し、長寿を祝うことを目的としています。...

subpage

敬老の日のよく解る情報

category04

9月の第3週目の月曜日は「敬老の日」で祝日にあたり、その後の1週間は老人週間と言われ健康や長寿を願う習慣として昔から親しまれてきましたが、海外には「敬老の日」があったり敬老の考えはどうなのでしょうか。ほとんどの国には祝日とした「敬老の日」はないようですが、イギリスの場合はカレンダー上にはないものの申請をすると100歳と105歳の誕生日とそれ以降毎年に、なんと女王陛下から祝電のメッセージが送られてくるというビッグな祝いが届けられます。...

subpage